2017表紙

 

編集・発行 国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構

発行年月 2017年10月

ONLINE ISSN:2188-1472

PRINT ISSN:2188-1464

 

全文PDF(41.5 MB)PDFアイコン

  • 1 福島第一原子力発電所事故の対処に係る研究開発
  1. 1 福島第一原子力発電所事故の対処に係る研究開発
  2. 1-1 事故時の燃料集合体の溶融移行挙動を評価する
    −模擬燃料集合体のプラズマ加熱試験−
  3. 1-2 重大事故時の原子炉圧力容器からの溶融物漏えい箇所を予測する
    −熱流動・構造連成解析に基づくクリープ損傷評価手法の開発−
  4. 1-3 重大事故時に放出される放射性物質の性質を予測する
    −原子炉内でのセシウムの化学挙動を再現・分析する技術の開発−
  5. 1-4 燃料デブリの性状を熱力学的に予測する
    −溶融燃料とコンクリートの高温反応生成物の熱力学評価−
  6. 1-5 水で冷やさなくてもデブリの取出しはできるのか?
    −燃料デブリ空冷評価シミュレーション手法の開発−
  7. 1-6 核燃料再処理機器材料に対する海水成分・コンクリート成分の影響を調査する
    −高レベル廃液貯槽環境における硫酸イオンの材料腐食への影響評価−
  8. 1-7 汚染水処理により取り除かれた放射能量の推定
    −汚染水中の放射性物質濃度を計算−
  9. 1-8 可搬型小型α線位置検出器の開発
    −固体廃棄物や設備の狭隘部のプルトニウム汚染の直接測定が可能に−
  10. 1-9 原子炉建屋内の汚染状況を調査する
    −廃棄物の処理処分を加速するための詳細な放射化学分析−
  11. 1-10 汚染水やがれき中の93Zr、94Nbや93Moの分析法の開発
    −測定が難しい核種の放射化学分離−
  12. 1-11 廃止措置のためのロボット等の試験法の開発
    −ロボット性能試験、オペレーター操作訓練のための環境構築−
  13. 1-12 ファイバー型放射線検出器による汚染水の監視
    −東京電力福島第一原子力発電所構内における実証試験−
  14. 1-13 生活パターンを考慮した住民の被ばく線量推定
    −0.23 μSv/hを基準にした自宅周辺の除染は効果的か−
  15. 1-14 放射性セシウムは森林表層にどのくらい留まるのか?
    −落葉層から土壌への放射性セシウムの移行を植生の違う森林で評価−
  16. 1-15 放射性セシウムの土壌深度方向への移動メカニズム
    −収脱着速度が深度分布に与える影響に対する解析的検討−
  17. 1-16 河川敷における放射性セシウムの再堆積メカニズム
    −気象、地形及び植生に依存した放射性セシウム分布の不均質性−
  18. 1-17 台風や豪雨時の放射性セシウム流出量を予測する
    −複数の流域を対象とした放射性セシウム流出量解析−
  19. 1-18 身近な“塩”を使って土を生まれ変わらせる
    −高輝度放射光が解き明かす土壌からのセシウム除去メカニズム−
  20. 1-19 粘土鉱物粒子の原子構造を計算科学の力で見る
    −粘土鉱物の高いセシウム吸着能の解明に向けて−
  21. 1-20 原木栽培しいたけへのセシウム蓄積を防ぐ
    −鉱物を使って放射性セシウムの吸収を低減−
  • 2 安全研究
  • 3 先端原子力科学研究
  • 4 原子力基礎工学研究
  • 5 中性子利用研究等
  • 6 高温ガス炉水素・熱利用研究
  • 7 高速炉研究開発
  • 8 バックエンド対策及び再処理技術に係る研究開発
  1. 8 バックエンド対策及び再処理技術に係る研究開発
  2. 8-1 放射性廃棄物の放射能定量手法の開発
    −散乱γ線に着目した定量手法の精度向上−
  3. 8-2 埋設処分する廃棄体の放射能を確認する
    −照射後試験施設から発生する廃棄物の放射能評価手法の検討−
  4. 8-3 地下環境が有する自己修復機能を把握
    −断層周辺の地下水の移動経路としての長期変化の検討−
  5. 8-4 花崗岩中の物質移動を遅らせる微小空隙
    −岩盤マトリクス拡散経路の可視化と微小空隙の直接観察−
  6. 8-5 地層処分技術を実際の地下環境で実証するために
    −人工バリア性能確認試験に向けた技術開発−
  7. 8-6 堆積岩に分布する断層を把握する
    −新第三紀塊状珪質泥岩に分布する2種類の断層の関係−
  8. 8-7 大量の鉱物粒子の年代をはかる
    −CHIME年代測定の迅速化に向けた技術開発−
  9. 8-8 岩石中の核種移行メカニズムの解明を目指して
    −泥岩における粘土を主体とした拡散・収着モデルの開発−
  10. 8-9 TRU廃棄物処分施設の長期力学挙動を評価する
    −人工バリア材料の化学的変遷を考慮した力学解析手法の開発−
  11. 8-10 硝酸プルトニウム溶液測定の精度向上と迅速さの両立
    −中性子を用いた非破壊測定の改善−
  12. 8-11 高速炉燃料の再処理で発生する残渣の性状を理解する
    −照射済高速炉燃料の溶解に伴う不溶解残渣の性状評価−
  • 9 システム計算科学研究
  • 10 核不拡散・核セキュリティ科学技術開発

| | | | |