ガラス固化

再処理の過程において使用済燃料から分離される高レベル放射性廃液を、ガラス繊維と一緒に高温で加熱することにより水分を蒸発させ溶融したあと、非晶質に固結(ガラス化)し、物理的・化学的に安定な形態にするプロセス。


ブラウザの閉じるを実行するか、右の閉じるボタンをクリックしてください。≪閉じる