技術シーズ集トップページ技術シーズ集第6版>JAEA知財の利用例>利用例 No.4

降雪地域における道路交通の安全・安心を提供し、省エネ管理に寄与

路面センサー、車載式塩分濃度センサー

利用したJAEA知財

特許第3108405号「機器の診断方法」(満了)

特許第3059692号「液状物質の液位測定・監視方法」(満了)

u-arrow

 冬季道路の路面の凍結の有無を監視・判断するセンサー「路面センサー」

 車載により通行路面の融雪剤濃度を自動測定し、適切な融雪剤散に寄与する「車載式塩分濃度センサー」

 

製造販売元:山田技研
路面センサー
●冬季の路面状態(凍結、積雪、乾燥、湿潤等)をセンサーで得られた反射率と温度から定量的に判定する。
●路面状態を高精度で自動監視することで、道路管理に要する人員、融雪材散布量、凍結防止電力等の大幅低減に寄与する。

図9-4-1

 

車載式塩分濃度センサー
●車両走行で路温と路面塩分(NaCl等)を計測することにより、凍結防止剤の散布作業を支援する。

図9-4-2

 




| | | | |