技術シーズ集トップページ技術シーズ集第6版>JAEA知財の利用例>利用例 No.5

レーザー作業現場で容易に安全な作業環境を確保

レーザーバリアカーテン

利用したJAEA知財

特許第6376647号「レーザー遮光シート」(共願:ウラセ株式会社) ナノ・材料No.3-2
u-arrow

 レーザーの反射光や輻射光を遮蔽し、「JIS C6802レーザー製品の安全基準」で求められる作業環境を容易に確保

 

製造元:ウラセ梶@販売元:山本光学

 

レーザーバリアカーテン

 

レーザーを使用する作業現場や研究所、テストラボなどで散乱光がある場合、軽量で簡易に遮蔽可能なレーザーバリアカーテンです。
● 低出力の散乱光への安全対策に最適
● 紫外線域、可視光線、赤外線域全てに対応
● 難燃性素材を使用
● 日本防災協会 防災製品認定
● 仕様
 サイズ 約1800×900 mm
 重 量 約2.5 kg
 吊り下げできるよう上下にハトメ12個取

図9-5-1

 

図9-5-2

 




| | | | |