動水勾配

地下水の動きを決める要因の一つで、地下水が流れる方向の単位距離あたりの水圧(正確には水頭)の差をいう。地下水は地下水圧の高い方から低い方へ移動するため、水圧の高さが同じところを結んだ等水圧線に対して、垂直の方向が動水勾配の方向となる。ここでは、広域の地下水の流れる方向(等水圧線に対して垂直の方向)とほぼ同じ方向に観測孔が配置されていることから、観測孔間の単位距離あたりの水圧の差を動水勾配とした。


ブラウザの閉じるを実行するか、右の閉じるボタンをクリックしてください。≪閉じる