ワイエルシュトラス関数

1872年にドイツの数学者カール・ワイエルシュトラスによって提示された関数で、連続関数であるが、至るところで微分不可能な関数の一例として有名である。三角関数を無限級数として重ね合わせることにより定義され、関数の形は株価の値動きのように、ブラウン運動に近い形となる。


ブラウザの閉じるを実行するか、右の閉じるボタンをクリックしてください。≪閉じる