ライフサイエンス No.1-12

極少量のサンプルを高純度化できる

キャピラリー電気泳動法を用いる高純度試料精製法

 

 試料の高純度化(99%)が可能

 10分程度の短時間で精製が可能

 有機溶剤を使用せず環境負荷が低い

キーワード: キャピラリー電気泳動、高純度化、精製、DNAアプタマー、高感度分析

 

図1-12

拡大図(377 kB)

 


技術のステージ
利用分野

stage3

・生体試料の精製、高純度化
・環境試料の精製、高純度化
・ウラン分析用試薬、高感度分析
関連業種
知財・関連技術情報
化学工業、医療業、
学術・開発研究機関
特許第6028997号
特許第5834274号(共願:埼玉大学)



| | | | |