ナノ・材料 No.3-9

白色光源やセンサーへの利用

白色発光材料、溶媒センサー
 

 金化合物を液状化した白色発光体

 室温でも発光する発光性液体

 発光色で溶媒識別可能

キーワード: 金化合物、白色発光、溶媒センサー

 

金(I)チオシアン酸化合物を液状化してガラス板上に滴下する。

ガラス板を挟んだ状態にして、冷却しブラックライトをあてると白色に発光する。

この化合物少量をさまざまな有機溶媒に添加し、冷却しブラックライトをあてると溶媒に応じて異なる発光色をしめす。

金でなくても金属塩であればイミダゾリウム塩を用いて液体化できます。

図3-9-1

 

図3-9

 


技術のステージ
利用分野

stage2

・イルミネーション、ディスプレイ
・化学センサー
関連業種
知財・関連技術情報
化学工業、学術・開発研究機関
特許第5522352号




| | | | |