ナノ・材料 No.3-6

硝酸に負けない強い材料

耐粒界腐食性に優れた超高純度ステンレス鋼
 

 有害不純物を極力取り除いたオーステナイト系ステンレス鋼

 トータル有害不純物量100ppm以下

 耐粒界腐食、耐応力腐食割れ等の向上

キーワード: 粒界腐食、応力腐食割れ、溶接割れ、超高純度、ステンレス

 

第1段階でCaハライドを用いた精製、第2段階で電子ビーム炉を用いた精製により、トータル有害不純物量100ppm以下の超高純度(EHP)ステンレス鋼を溶製する。

 

下の写真のように、沸騰硝酸中で従来極低Cステンレス(SUS304ULC)は腐食されるが、EHPステンレス鋼(SUS310EHP )ではほとんど腐食は認められない。

図3-6-1

 

溶接による耐食性の劣化も少なく、溶接金属に同じEHPステンレス鋼(共材)を用いることができ、別途溶接金属を用意する必要がない。

図3-6-1

 


技術のステージ
利用分野

stage3

・硝酸の製造、リサイクル施設用材料
・化学プラント用材料
関連業種
知財・関連技術情報
鉄鋼業、化学工業
特許第5756935号
(共願:叶_戸製鋼所、潟Rベルコ科研)




| | | | |