情報 No.5-4

分子シミュレーションコード

多様な分子シミュレーションを並列計算できる「PIMD」

 

 多様な並列分子シミュレーションに対応

 充実したマニュアル

 50件を超える国際論文誌で利用

キーワード: スーパーコンピューター、高速化、並列化

 

○古典・第一原理分子動力学法、経路積分法、レプリカ交換法、メタダイナミクス法、ストリング法、QM/MM法、サーフェスホッピング法など多様な手法をサポート。

○自己学習ハイブリッドモンテカルロ法により、機械学習ポテンシャルを作成可能。

○分子構造(レプリカ)と力場(断熱ポテンシャル)の間での階層的な並列化により、高速かつ高効率な計算が可能。

○Apache 2.0 License の範囲で、無償でダウンロードし、利用可能。

図5-4

 


技術のステージ
利用分野

stage3

化学、物理学、物質科学における分子
シミュレーション、第一原理計算
関連業種
知財・関連技術情報
学術・開発研究機関
並列分子シミュレーションコード「PIMD」
(https://ccse.jaea.go.jp/software/PIMD/index.jp.html)



| | | | |